活性酸素の害からポリフェノールが身体を守る!

老化予防対策は、減少してしまう抗酸化力を補い続けること

老化予防のために大切なことは「活性酸素の害から身体を守る」ことです。
活性酸素は、タバコの副流煙、農薬などの化学薬品、自動車の排気ガスに含まれる化学物質、放射能なども発生原因となっています。活性酸素は私たちの身体を構成する細胞の壁に含まれている、たんぱく質や脂質を酸化させ、組織の機能を低下させるとともに、病気を引き起こす原因となります。
そのため肉体年齢は、年齢だけで決められるものではなく、この酸化が大きく影響します。
私たちの身体を活性酸素から守るためには、さまざまな活性酸素を発生させる原因を可能な限り排除し、暴飲・暴食、過食・偏食や睡眠不足に注意し、ストレスの発散のために適度な運動を心がけましょう。これらを実践することで、活性酸素の害から身体を守り、血管や組織の老化を予防することに期待ができます。

身体から減少する抗酸化力。実は食べ物で補えるのです

身体の酸化は、肌のトラブルやさまざまな病気に深く関わり、老化を促します。
その原因となる活性酸素の発生源は、実にさまざま。同じ年齢の方でも、若く見えたり老けて見えるのは、ライフスタイルによって体内の活性酸素の発生量に違いが生じ、それが老化のスピードに影響を与えているからなのです。

抗酸化力を補うおすすめはポリフェノール!

ポリフェノールは私たちの身近な食べ物に数多く含まれています。
バランスのとれた食生活を心がけるとともに、ポリフェノールを積極的に補うことをおすすめします。手軽に、効率的に摂取できるサプリメントを上手に活用するのも一つの手です。